» 沢庵和尚の略年譜

「今の世に順ずれば道に背く、道に背くまじとすれば世に順ぜず」 沢庵宗彭

沢庵の書籍

上記書籍は当寺院、受付にて取り扱っておりますのでお気軽にお声かけ下さい。

沢庵和尚略年譜
年 号(年) 西 暦(年) 年 令(才) 沢庵の行状 対照事項
天正 1573 1 沢庵が生まれる。12月1日 足利氏滅亡
2 4 2 山名氏が有子山城に移る。  
3 5 3    
4 6 4   信長が安土に城を築く。
5 7 5 秀吉が但馬攻略に着手する。  
6 8 6    
7 9 7 父綱典が沢庵の出家を約束する。 安土城が完成する。
8 1580 8 山名氏が滅亡する。  
9 1 9    
10 2 10 昌念寺に入り出家する。 本能寺の変が起こる。
11 3 11    
12 4 12    
13 5 13 禅に志す。 宮本武蔵が生まれる。
14 6 14 宗鏡寺塔頭勝福寺に入る。 後陽成天皇が即位される。
15 7 15    
16 8 16    
17 9 17    
18 1590 18    
18 1 19 勝福寺の希先が示寂する。  
文禄 2 20 董甫が宗鏡寺に来る。 朝鮮の役が起こる。
2 3 21    
3 4 22 董甫に連れられて大徳寺三玄院に入る。  
4 5 23 小出氏が出石に移封される。  
慶長 6 24 大徳寺の諸老に参じる。  
2 7 25   再び朝鮮の役が起こる。
3 8 26   秀吉が亡くなる。
4 9 27 江州佐和山に移る。 宮本武蔵が但馬に来る。
5 1600 28 大徳寺三玄院に帰る。 関ケ原の大戦が起こる。
6 1 29 堺に移り、詩文を文西に学ぶ。  
7 2 30 和歌を細川幽斎に学ぶ。  
8 3 31 一凍に参じた。 家康が将軍になる。
9 4 32 一凍が印可し、初めて沢庵と号する。 家光が生まれる。
10 5 33   秀忠が将軍になる。
11 6 34 一凍が示寂し、父秋庭能登守も亡くなる。  
12 7 35 母(枚田氏)が亡くなる。堺南宗寺に住する。  
13 8 36   一絲が生まれる。
14 9 37 大徳寺に出世する。  
15 1610 38    
16 11 39 円鑑国師が示寂した。大仙院に住する。 後水尾天皇が即位される。
17 12 40 南宗寺にいて詠歌音義を作る。 武蔵と小次郎が決闘する。
18 13 41 大灯国師年譜を編する。小出吉政が亡くなる。 公家法度が発令される。
19 14 42 八瀬の橋をかける。  
元和 15 43 南宗寺が兵火にかかる。大徳寺法度が配布される。 大阪夏の陣が起こる。
2 16 44 宗鏡寺が再興される。 家康が亡くなる。
3 17 45 南宗寺の再興に着手する。 後陽成天皇が崩ずる。
4 18 46    
5 19 47 南宗寺の再興が成る。 祟伝が僧録司となる。
6 1620 48 投淵軒を建てて住む。  
7 21 49 理気差別論を著する。 一絲が相国寺に入る。
8 22 50 烏丸光広が出石に来る。  
9 23 51   家光が将軍となる。
寛永 24 52 高松宮が出石に来られる。  
2 25 53    
3 26 54 法度の励行を達し、大徳寺の出世を禁ずる。 一絲が沢庵に参ずる。
4 27 55 正隠を出世させる。  
5 28 56 祥雲寺を開く。幕府は大徳寺を責め、弁明書を書く。  
6 29 57 幕府は沢庵を召し、沢庵は上ノ山に流される。東国紀行、碧巌九十偈を作る。  
7 1630 58 槍術の奥儀書を作る。 後水尾天皇が譲位される。
8 31 59    
9 32 60 大赦令が出た。江戸に帰り駒込に住む。  
10 33 61 鎌倉遊覧記を作る。
家光が柳生を通して質問する。
祟伝が示寂する。
11 34 62 木曽路紀行を書き上洛する。
二条城で家光に会い、次いで院参し但馬に帰る。
家光が上洛する。
12 35 63 出石から江戸に帰る。 三丹に洪水が起こった。
13 36 64 家光がしきりに召した。上洛し東海道の記を作る。但馬に帰る。 大灯国師大遠忌
14 37 65 江戸に下り途中で病む。日光に社参する。 島原の乱が起こる。
15 38 66 東海寺が建立されることにる。上洛し上皇に原人論を御進講申し上げ、国師号は辞退する。柳生に芳徳寺を開く。  
16 39 67 東海寺が落成し、新寺に移る。 幕府天主教厳禁
17 1640 68 日光に社参し、熱海に浴する。  
18 41 69 大徳寺が旧制に復する。 玉室が示寂する。
江戸に大火が起こる。
19 42 70 病にかかる。 全国に飢饉が起こる。
20 43 71 祠堂記、万年石の記を作る。 一絲が永源寺に住する。
正保 44 72 上京し参院して但馬に帰る。 大風水害が起こる。
2 45 73 円相に賛を作る。
11月29日発病、「夢」の一字を残し12月示寂する。
宮本武蔵が亡くなる。
3 46     3月19日一絲が示寂する。
12月柳生宗矩が亡くなる。

∗ 矢野宗深の著書「沢庵」より抜粋