» 沢庵和尚とは

柳生宗矩、宮本武蔵の剣は沢庵禅法に依るもので、
出石に生まれ、漬物のたくあん漬を広めたと言われています。

宗鏡寺には沢庵和尚が作られた「鶴亀の庭」や「心字の池」、和尚お手植えと言われています
胡蝶わびすけ」、和尚の夢に出てきたとされる「夢見の鐘」がございます。
また、48才から8年間過ごされた「投淵軒」では数多くの和歌をつくり、書物をあらわされました。

  • 鶴亀の庭鶴亀の庭
  • 心字の池心字の池
  • 胡蝶わびすけ胡蝶わびすけ
  • 夢見の鐘夢見の鐘
  • 投淵軒投淵軒
沢庵和尚塔所沢庵和尚塔所

沢庵和尚 ©宗鏡寺沢庵宗彭頂相(宗鏡寺蔵)

沢庵和尚略年譜
年 号(年) 西 暦(年) 年 令(才) 沢庵の行状 対照事項
天正 1573 1 沢庵が生まれる。12月1日 足利氏滅亡
2 4 2 山名氏が有子山城に移る。  
3 5 3    
4 6 4   信長が安土に城を築く。
5 7 5 秀吉が但馬攻略に着手する。  
6 8 6    
7 9 7 父綱典が沢庵の出家を約束する。 安土城が完成する。
8 1580 8 山名氏が滅亡する。  
9 1 9    
10 2 10 唱念寺に入り出家する。 本能寺の変が起こる。
11 3 11    
12 4 12    
13 5 13 禅に志した。 宮本武蔵が生まれる。
14 6 14 宗鏡寺塔頭勝福寺に入る。 後陽成天皇が即位される。
15 7 15    
16 8 16    
17 9 17    
18 1590 18    
18 1 19 勝福寺の希先が示寂する。  
文禄 2 20 董甫が宗鏡寺に来る。 朝鮮の役が起こる。