» 沢庵和尚のたくあん漬

ある日、沢庵和尚は、徳川家光に「和尚、余は近頃何を食べても、
味がなくて困る。なにか口に合うものがあれば食べさせてくれ。」と求められました。

「それはおやすい御用でございます。明日午前10時ごろ、拙僧のところへおいでください。
もっとも当日は、私が主人で殿は客、わがままを言われても困ります。それだけはご承知ください。また、どんな用があってもご中座されません様お願い申し上げます。」と答えました。

家光は喜んで帰っていき、翌日家光沢庵のところへやってきました。
時は、12月下旬、夜明けごろ降り出した雪で一面の銀世界でありました。

沢庵家光を茶室に案内し、「しばらくお待ちを。」と引き下がってしまいます。
ところが待てど暮らせど一向に和尚は出てこない。

朝の10時から待たせておいて、昼になっても現れない。3時になっても現れない。

家光が腹が減って目が回りそうになった頃、和尚が出てきて、
「遅刻致し恐れ入ります。沢庵手製の料理、何卒ご賞味ください。」
と、御膳を差し出しました…。

お膳を見ると、黄色いものが二切れ皿に乗り、椀が添えてあるばかり、
他には何もない。

椀の蓋をとってみたが、中には飯が入っており、湯がさしてありました。
それでも家光は腹が減ってたまらない。

「和尚、馳走になるぞ。」と大急ぎで椀を抱え込み、カツカツと食べ出しました。

「おかわり。」
家光はようやく腹が一杯になったとみえて、やっと箸を置きました。

そして、「時に、和尚。この黄色いものは一体何であるか。」と問うと、
「それは大根の糠づけでございます。」と沢庵は答えました。

「ほほう。」と、家光がすっかり感心してしまった時、沢庵はおもむろに姿勢を正してこう言いました。

「上様は征夷大将軍という御位、人間の富貴この上なく、されば結構なるものを毎日お膳に供えて、それに口がなれて旨味がございませぬ。つまり口が贅沢になっているからでございます。
故に今日、空腹待ち、かような粗食を差し上げたのでございます。」

上様は怒りもなく、「美味じゃ。」とのこと。

「以後、空腹になるのを待ってお食事されるとよろしゅうございます。」
とそれとなく将軍を戒めました。

後日、家光沢庵を招き、貯え漬けならぬ「たくあん漬け」として一般にもこれを貯えさせました。

たくあん漬けたくあん漬け(宗鏡寺にて)

貯え守り

貯え守り

今日の食膳に親しまれる
香の物「沢庵漬」は、本々「貯え漬」とも呼ばれ、
冷蔵庫の無かった時代に
保存食として
活躍していました。
此度、「除災招福」「幸のもの貯え守り」として
「たくあん寺」にて祈祷致しました。