圓覚山 宗鏡寺(沢庵寺)

ホーム > 新着情報 > お知らせ > 御朱印(弁財天)について
紅葉情報

紅葉情報 part1

庭園・境内の見頃

お手植えの侘助が見頃です。

積雪情報

雪景色

お知らせ一覧を見る

お知らせnews

御朱印(弁財天)について

 

宗鏡寺の弁財天御朱印には黒谷和紙を使っています。

黒谷の紙抄は、その昔平家の落武者が隠れすみ、子孫へ残す業として始めたものと伝えられています。
丹波丹後の山々には、古くより特に良質の紙木を多く産し、紙作りに適しており今日では日本でも数少ない純手抄き和紙の産地となっております。
国宝桂離宮や京都御所にも使用され、その優雅さや暖かさは海外でも高く評価されています。
今では、これ程純粋な紙を正しく受け継いで作っている処もなくなり貴重な存在となっています。
以上 黒谷和紙由来抜粋

今日、黒谷和紙の紙抄き職人も減少し貴重な伝統文化の継承が難しくなる中、わずかでも支えになればとの思いで弁財天御朱印紙に使わせて頂いております。

最近の投稿RECENT POSTS

月別アーカイブMONTHLY ARCHIVES